新型コロナウイルス回復期にやるべき検査
2021-07-16

セルスペクト(株)科学調査班編集 
2021年7月16日更新

 

 現在、新型コロナウイルス感染の回復率は90%を越えているものの、再感染した例が多数あり、回復者の多くに後遺症が見られている。新型コロナウイルスは、体内に侵入後、身体の免疫機能を阻害することが、研究からわかっており、これは、コロナ感染者がコロナの免疫(抗体)を、必ず持っている訳ではないことを示している。

 そこで医者や科学者は、回復者もワクチン接種を打つよう勧め、後遺症や、再感染時の重症化を防ぐには、次項の経過観察が必要と述べている。

 

①「IgG抗体」検査

IgG抗体とは、感染やワクチン摂取の直後に作られる免疫系のタンパク質。回復後の数か月以内にIgG抗体が、再感染を防げるレベルまで発生していない場合は、ワクチン接種をして免疫力を高める必要がある。

 

②「全血球算定(CBC)」検査

新型コロナ感染が重症化すると、身体の循環機能が著しく弱る。そのため、循環器系の状態を表す血液細胞「赤血球」、「白血球」、「血小板」の検査をすれば、継続治療が必要かが分かる。

 

③「血糖、コレステロール」検査

新型コロナウイルスは、血中のグルコース(血糖)濃度に影響を及ぼし、血圧の変動を引き落とすことがある。糖尿病1型・2型の人、コレステロール値が高い人、心臓に疾患を持つ人は、血栓症や心臓病などになる可能性があるため、慎重な経過観察が必要。

 

④「ビタミンD」検査

ビタミンDは、免疫機能に重要な栄養素と証明されている。コロナの回復には、この補給が必要とされる。

 

⑤「神経機能」検査

多くの感染者が回復後の数週間、もしくは数ヶ月の中で、神経的、心理的な不調を訴えている。その症状は、頭がぼーっとするなどの思考力の低下、不安、震え、めまい等で、こうした異変を感じたら、早期の検査が求められる。

 

⑥「胸部スキャン」検査

新型コロナの発症時は、肺炎を伴うケースが多い。肺炎のレベルが分かる胸部スキャンは、経過観察で最も重要な検査である。

 

⑦「心臓」検査

新型コロナ感染では、呼吸器・循環器の炎症が起きるケースが多く、中でも心筋炎が大半を占める。胸痛や不整脈などがあった場合は、ただちに心臓検査をすべきである。

 

 

 

引用文献:

  1. CDC: Evaluating and Caring for Patients with Post-COVID Conditions: Interim Guidance https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/hcp/clinical-care/post-covid-assessment-testing.html
  2. The pathology specialist: Recovered from COVID? Post COVID care and health tests you must take. Jun 01, 2021. Metropolis Healthcare
  3. Post COVID-19 Care: Tests You Must Take After Recovering from Coronavirus. May 13, 2021. News 18.

 

<免責事項>
本情報は、当社の販売商品やサービスとは一切関係ありません。また、記載内容はあくまでも編集者の主観に基づいたものであり、その正確さを保証するものではありません。より、詳しくは、上記の引用文献にある公的報告書、査読付き論文を参照してください。本記載内容を転載することは自由ですが、これにより発生したいかなる事象についても弊社では一切責任を負いません。

いいね!済み いいね!
7 人が「いいね!」しました。
アクセスランキング