新型コロナ飲み薬、パンデミック収束のゲームチェンジャーに
2021-11-12

セルスペクト(株)科学調査班編集
2021年11月12日更新

 

 米国の製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」が4日、英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)に承認された。新型コロナ向け飲み薬の承認は、世界初。米国、欧州連合(EU)の当局も承認審査に入っており、日本でも近く承認される見通しだ。

 

 

―モルヌピラビルとはー

 

 これまで新型コロナの治療は、注射か点滴で抗ウイルス薬を投与する方法しかなく、病院でしか受けられなかった。また病院で使用されている抗ウイルス薬は、重症化するほど効果が薄くなるのが課題だった。

 メルクの飲み薬は、もともとインフルエンザ用に開発された治療薬で、発症初期の患者の重症化を防ぐ効果がある。

 発症から5日間、1日2回服用するが、処方箋があれば、薬局やドラッグストアで買えるため、何度も病院に行かずに済み、早期治療が容易になる。

 

 

―有効性は―

 

 メルクの飲み薬は、ウイルスの複製に必要な酵素「RNAポリメラーゼ」の働きを阻害する低分子化合物でできており、ウイルスの遺伝子の増殖を抑制し、病気の悪化を防ぐ。

 新型コロナの治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」と同様の作用だが、モルヌピラビルの方がより強力と言われる。ガンマやデルタ、ミュー等の変異株にも有効だ。

 軽症や中等症の患者を対象にした国際共同臨床試験(治験)では、入院や死亡のリスクを50%も減らした。投与患者の死亡はゼロだった。

 治療薬による有害事象(副作用や症状の悪化)は、モルヌピラビル(メルクの飲み薬)群12%、プラセボ(偽薬)群11%と、ほぼ同じだった。

 治療を中止するほどの有害事象を起こしたのは、モルヌピラビル群1.3%、プラセボ群3.4%と、メルクの飲み薬は確率が低かった。

 

 

―副作用はー

  

 遺伝子にアプローチする薬のため、一部の研究者は、同剤が遺伝的障害(DNAに異常)を起こす危険性があると指摘する。そのため治験では、妊娠を望む男女、妊娠中もしくは授乳中の女性は、対象から外された。

 遺伝子に影響する可能性について、メルクは「用法用量を守れば安全」と述べている。

 

 

―ゲームチェンジャーになるか―

 

 新型コロナウイルスとの「共存」には、風邪の病原体と同程度の対策が必要だ。感染拡大と重症化を防ぐ「ワクチン」と、早期治療を促す「経口治療薬」が、パンデミック(世界的大流行)収束のゲームチェンジャーだと言われている。

 特に、ワクチンの管理設備がなく、医療スタッフも少ない発展途上国では、経口治療薬が鍵を握る。

 

 

―日本の製薬会社に期待ー

 

 国内の製薬大手、塩野義製薬(大阪府)が開発中の飲み薬「S―217622」は、ウイルスの酵素「3CLプロテアーゼ」の働きを阻害し、ウイルスの増殖を防ぐ。症状がない、もしくは軽症の患者2千人を対象に最終段階の治験を進めており、年度内の供給開始を目指す。

 遺伝子への影響はないと考えられるため、同剤の有効性に期待が高まる。

 

 

ー油断大敵。感染予防の継続をー

 

 治療薬が増えているからといって、油断は禁物だ。治療薬やワクチンは、感染予防効果や軽症の確率を高めるもので、感染予防や重症化を100%保障する訳ではない。

 感染で引き起こるリスクを考えると、感染しないのが一番。日頃の予防対策は、今後も継続させましょう。

 

 

引用文献:

  1. Cassandra Willyard, Oct 8, 2021, “How antiviral pill molnupiravir shot ahead in the COVID drug hunt” Nature news.
  2. Oct 11, 2021”Merck and Ridgeback Announce Submission of Emergency Use Authorization Application to the U.S. FDA for Molnupiravir, an Investigational Oral Antiviral Medicine, for the Treatment of Mild-to-Moderate COVID-19 in At Risk Adults” Merck News Releases.
  3. OSAMU TSUKIMORI, Oct 20, 2021 “Oral drug molnupiravir seen as 'trump card' in Japan's battle against COVID-19” The Japan times
  4. Umair Irfan. Oct 12, 2021, “Why Merck’s Covid-19 pill molnupiravir could be so important” Vox News.

 

 

<免責事項>
 本情報は、当社の販売商品やサービスとは一切関係ありません。また、記載内容はあくまでも編集者の主観に基づいたものであり、その正確さを保証するものではありません。より、詳しくは、上記の引用文献にある公的報告書、査読付き論文を参照してください。本記載内容を転載することは自由ですが、これにより発生したいかなる事象についても弊社では一切責任を負いません。

いいね!済み いいね!
5 人が「いいね!」しました。
アクセスランキング