ワクチンで防ぎきれない「オミクロン株」に備えよ!
2022-02-04

セルスペクト(株)科学調査班編集
2022年2月4日更新

 

 世界中で感染が広がるオミクロン株。この変異株の存在によって、(新型コロナの)感染者数が過去最高を記録した国も多く、年末年始の新規感染者は952万人に上った。約1週間でこれほど感染者数が急増したのは、新型コロナ感染の流行後初めて。(世界保健機関調べ)

 

 感染者が急増する一方、重症化数は極めて少ない。過去の感染やワクチンによって抗体がある人は、オミクロン株に感染しても軽症で済むことが多いからだ。 ※Vol.31を参照。

 

 肺に侵入するウイルス量が少ないのも、重症化が少ない理由と言える。オミクロン株のウイルスは、鼻や咽頭にとどまる割合が多く、肺に入る量は、他の変異株の侵入量と比べて10分の1以下。そのため肺損傷などが起きづらい。

 

 米国医師会雑誌(JAMA)で発表された英国スコットランドのデータをみると、デルタ株感染者と比べ、オミクロン株感染者の入院率は70%も低かった。イングランドでは、オミクロン株感染者の入院率は40%にとどまった。

 

 感染力の高さ、重症・死亡率の低さから、「風邪化している」という見方もある。しかし、ワクチン接種対象外となっている12歳未満の子どもの感染者数が増えていることや、感染者数の急増が医療崩壊を招くリスクを見逃してはならない。

 

 軽症に留まっているものの、感染やワクチンでできた抗体が効きにくい点も要注意だ。

米国ヤンセンファーマ社、ロシア国立ガマレヤ研究所、中国国営企業「シノファーム(中国国家医薬集団)」のワクチンは、オミクロン株に全く効かないことがわかっている。

 米国のモデルナ社、ファイザー社、アストラゼネカ社のワクチンは、ある程度は効果的だが、その効果は、従来のウイルスと比べて20分の1~40分の1程度と、とても低い。

一度感染した人が、ワクチン接種で抗体の力を高めたとしても、効果は5分の1程度という。

 

 仏国パスツール研究所がファイザー社、アストラゼネカ社のワクチン接種の5ヶ月後の効果を検証したところ、初期の新型コロナウイルスやデルタ株には有効だったが、オミクロン株には効かなかった。

 

 従来のワクチンが効かないオミクロン株。感染者数が急増し続ければ、ウイルスの変異が進んでしまう危険もある。医療崩壊や変異を防ぐには、予防対策を継続しながら、3回目の接種でワクチンの効果を高めること。とにかく感染者数を増やさないに尽きる。

 

 

引用文献:

  1. Caroline Maslo, Dec 30, 2021, “Characteristics and Outcomes of Hospitalized Patients in South Africa During the COVID-19 Omicron Wave Compared with Previous Waves” JAMA
  2. Emma Farge and Mrinalika Roy, Jan 5, 2022, “WHO sees more evidence that Omicron causes milder symptoms” Reuters
  3. Elisabetta Cameroni et al., Dec 23, 2021, “Broadly neutralizing antibodies overcome SARS-CoV-2 Omicron antigenic shift” Nature
  4. Delphine Planas et al., Dec 23, 2021 “Considerable escape of SARS-CoV-2 Omicron to antibody neutralization” Nature
いいね!済み いいね!
6 人が「いいね!」しました。
アクセスランキング