米国、生後6か月からワクチン接種へ
2022-07-08

米国、生後6か月からワクチン接種へ

セルスペクト(株)科学調査班編集

2022年7月8日更新

 

       

 米国で新型コロナワクチンの接種対象が、幼児まで引き下げられた。米食品医薬品局(FDA)は6月、これまで5歳以上を対象としていたファイザー社とモデルナ社のワクチン接種を、「生後6か月以上」まで広げた。対象年齢の引き下げによって、国内のほぼ全ての人にワクチンが行き渡ることになる。

 

 ファイザー社のワクチンは、成人が接種する10分の1の量(3マイクログラム)を、間隔を空けて3回接種する。オミクロン型が流行した時期に実施した臨床試験では、感染への予防効果は80%だった。

 

 モデルナ社のワクチンは、成人が接種する4分の1の量(25マイクログラム)を2回接種する。臨床試験によると、オミクロン型への発症予防効果は、生後6カ月~2歳未満が51%、2歳~6歳未満が37%だった。

※マイクログラムは100万分の1グラム

 

 

 

 予想される一般的なワクチンの副作用は、発熱や注射した箇所の腫れなど軽度の症状など。ごくまれな例で、心筋梗塞や心筋炎、肺塞栓症などを引き起こす「小児多系統炎症性症候群(MIS-C)」の懸念がある。

 

 1回の接種量が少ないほど副作用が小さいことから、ファイザー社は、当初2回接種としていたのを、3回接種に変更。可能な限りリスクを避けた。

 

 FDAの諮問委員会は「どちらのワクチンも安全で効果がある」と述べている。成人よりも副作用を起こす人が少なく、起きる副作用も発熱や倦怠感など軽微で、心筋炎のリスクも比較的低いと言っている。

 

 

 

 米疾病対策センター(CDC)によると、(5歳以上の)米国全体のワクチン接種率は71%。しかし、5〜11歳でみると接種率は約29%と低い。低年齢層のワクチン接種については、様子見をしている親が多いようだ。

 

 感染を完全に防ぎきれるわけではないが、ワクチンは感染拡大の収束に有効だ。幼い子どもまでワクチンが行き渡れば、国全体の行動制限が緩和され、コロナ感染拡大前の生活を取り戻すことにつながる。

 

 

引用文献:

  1. Video: “Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee – 6/15/2022” U.S. Food and Drug Administration (FDA)
  2. “Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee June 14-15, 2022 Meeting Announcement” U.S. Food and Drug Administration (FDA)
  3. June 15, 2022, “FDA advisers move a step closer on COVID-19 vaccines for kids under 5”. CBS NEWS.
  4. Alice Park and Jamie Ducharme, June 15, 2022, “FDA Panel Recommends Moderna and Pfizer COVID-19 Vaccines for Children 6 Months and Older”. TIME.

 

 

 

<免責事項>
本情報は、当社の販売商品やサービスとは一切関係ありません。また、記載内容はあくまでも編集者の主観に基づいたものであり、その正確さを保証するものではありません。より、詳しくは、上記の引用文献にある公的報告書、査読付き論文を参照してください。本記載内容を転載することは自由ですが、これにより発生したいかなる事象についても弊社では一切責任を負いません。

いいね!済み いいね!
3 人が「いいね!」しました。
アクセスランキング