重症になる遺伝子型発見。NK細胞活性化が策に
2022-07-22

セルスペクト(株)科学調査班編集

2022年7月22日更新

 

 

 新型コロナの感染拡大が始まった当初、重症化に至りやすいのは、高齢者や慢性疾患を持つ人だと言われていた。しかし、致死率の高いデルタ株の蔓延時に、健康な若者も重症化や死亡に至ったことなどから、重症化の要因は、年齢や持病だけではないとわかった。

 

 そんな中、米シェフィールド大学とスタンフォード大学の研究チームが、遺伝子に重症化の要因があると発見。大規模なデータベースとAI(人工知能)を用いて、6月に、重症になる遺伝子型を1000個以上突き止めた。これは、重症化に関連する全ての遺伝子型の75%に相当するという。

 

 

 発見した遺伝子型の特徴は、ウイルスに感染した細胞を破壊するNK(ナチュラルキラー)細胞とT細胞の働きを高める力が弱いこと。

 

 NK細胞は、ウイルスを破壊するだけでなく、感染部分に免疫細胞を集める「サイトカイン」※の生成も促す重要な存在。NK細胞の働きが弱いと、サイトカインが正常に分泌されず、免疫細胞も十分機能しないため、重症化に至りやすくなる。

 

※サイトカインは、ウイルスに感染した細胞が分泌する。

 

 

 がん治療では、がん細胞を死滅させる方法として、NK細胞を活性化させる薬が使われている。新型コロナでも、NK細胞の働きを促す治療法が、重症化や死亡を減らす策となるかもしれない。

 

 

引用文献:

  1. Sai Zhang et al., Jun 3, 2022 “Multiomic analysis reveals cell-type-specific molecular determinants of COVID-19 severity” Cell Syst. PMID: 35690068
  2. Jun 14, 2022 “New research identifies more than 1,000 genes linked to severe COVID-19” The University of Sheffield, News release
  3. Jun 14, 2022, “Researchers identify more than 1,000 genes linked to severe COVID-19”. Stanford Medicine, News.

 

 

<免責事項>
本情報は、当社の販売商品やサービスとは一切関係ありません。また、記載内容はあくまでも編集者の主観に基づいたものであり、その正確さを保証するものではありません。より、詳しくは、上記の引用文献にある公的報告書、査読付き論文を参照してください。本記載内容を転載することは自由ですが、これにより発生したいかなる事象についても弊社では一切責任を負いません。

 

 

いいね!済み いいね!
8 人が「いいね!」しました。
アクセスランキング